古市憲寿は何者なの?wiki経歴まとめ!嫁(奥さん)はいる?

エンタメ

コメンテーターとしてテレビでもよく出演されている、古市憲寿(ふるいち・のりとし)さん。

古市さんは、社会学者や作家として活動しながら、ズバッと切り捨てる語り口でコメンテーターとしても活躍しています。

学者という肩書は聞いたことがある方も多いと思いますが、いったいどんな人物なのでしょうか?

今回は、古市憲寿さんの経歴や嫁(奥さん)がいるのかどうか、また以前語られた「結婚観」などを調査しました。

プライベートのイメージがあまりない古市さんが、一体どんな結婚生活を描いているのかについても探ってみました。

古市憲寿wiki経歴まとめ!

■古市 憲寿プロフィール

名前:古市 憲寿(ふるいち のりとし)
生年月日1985年1月14日
出身:東京都墨田区
出身校:慶應義塾大学環境情報学部
東京大学大学院総合文化研究科
職業:社会学者、作家

古市憲寿wiki経歴まとめ!

古市憲寿の経歴を詳しく

古市憲寿さんは東京都墨田区出身ですが、6歳で埼玉県川口市に引っ越しました。

埼玉県立越谷北高等学校を卒業後、2003年に慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。

2005年から2006年にかけて、ノルウェーのオスロ大学に交換留学を経験しました。

2007年に慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コースの修士課程に進学し修了。

その後、日本学術振興会育志賞を受賞しました。

2018年には初の小説「平成くん、さようなら」で第160回芥川龍之介賞候補となり、2019年には「百の夜は跳ねて」で第161回同賞候補となりました。

古市憲寿は何者なの?

古市憲寿は何者なの?

ここからは古市憲寿さんについて深堀していきたいと思います!

古市憲寿はそもそも何者なの?

古市憲寿さんは、社会学者、作家、コメンテーターとして活躍しています。

慶應義塾大学卒業後、東京大学大学院で学んだ高学歴であり、知識と洞察力が高く評価されていますね!

テレビでは辛辣な発言で話題になることもありますが、著書は非常におもしろいと評判です。

公務員の父親、専業主婦の母親、妹が二人いる家庭で育ち、新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議のメンバーとしても活動しています。

『ワイドナショー』には不定期で出演し、『とくダネ』では木曜レギュラーを務めています。

古市さんの発言や思想は多くの人に影響を与え、その鋭い視点と洞察力、さらにはそのイケメン風容姿も相まって、多くのファンに支持されていますね!

古市憲寿の社会学者としての主張

古市さんは、若者の社会貢献志向や他者志向を評価しながらも、自己目的的な生活を送る現代の若者について言及しています。

社会を変えるためには「自己中」になることが時には必要だと提言しており、「人権とはわがままである」という言葉を引用し、若者はより「自己中」になるべきだと主張しています。これは政治の役目として調整されるべきだと述べています。

また、内閣府の調査に基づき、現代の若者が生活に満足している一方で、悩みや不安を抱える若者が増えていると指摘しています。

将来に希望を持てないからこそ、今の幸せを感じる現象が起きていると述べていますね。これには共感する方も多いと思います。

2014年にはテレビ朝日『朝まで生テレビ!』で靖国神社参拝の支持に関するアンケート結果について、番組視聴者の意見に過ぎず統計的に意味がないと主張しました。

同年、朝日新聞が発足させた「信頼回復と再生のための委員会」の外部委員に選出され、朝日新聞と読者とのズレを認識することが解決策であると述べました。

2015年の著書『保育園義務教育化』では、親(特に母親)の人権が軽視されているとして、質の高い乳幼児教育の重要性を主張しました。

非認知能力の向上や事前配分の重要性を挙げ、少子化と労働者不足の解決策として乳幼児教育の充実を訴えています。

作家としての活動

2018年、祖母の死をきっかけに初めて文芸雑誌に小説短篇を発表し、論文やエッセイでは表現できない感情を小説という形で表現することに挑戦しました。

これまでの著作との関連についても、社会学と小説は異なる解釈を示すものとして一貫していると述べています。

古市憲寿に嫁(奥さん)はいる?

古市憲寿に嫁(奥さん)はいる?

古市憲寿さんは現在結婚しておらず、子供もいません。

これまでに熱愛報道はありませんが、イケメンなので彼女がいる可能性はありますね~

結婚相手に求める条件として、「高スペックで、自分より仕事ができて年収が高い人」と語っています。

また、古市さんのInstagramには、小さな子供を抱く姿が投稿され、「まさか子供がいるの?」と話題になりましたが、実際には妹さんのお子さんでした。

古市憲寿の結婚観が独特?

2019年に日テレ「1周回って知らない話」にゲスト出演し、結婚観について語りました。

古市さんは、子供の頃から意味を見出せないことはやらない性格で、結婚についても独特な考えを持っています。

例えば、「奥さんには違う男性と子どもを作ってほしい」と発言し、自分の遺伝子よりも素敵な人のDNAを受け継いでほしいと考えています。

また、結婚しても同居するべきだとは思わないとも発言しており、「同じマンションの違う部屋に住みたい」と語っています。近くにいたいけれど自分の時間も大切にしたいというスタンスです。

これらの発言からも、古市さんの独自の結婚観を持っているようですね。奥さんとなる方はちょっと大変そう・・・

まとめ

今回は社会学者、作家の古市憲寿さんについて、経歴や結婚についてなど調べてみました!

古市憲寿さんといえば、まず思い浮かぶのが「毒舌」とも言われる辛口コメントですよね。時にヒヤヒヤするほどのコメントもありますが、的を射た意見として共感を呼ぶことも多いです。

社会学者としても古市さんはさまざまな団体のメンバーとして活躍しており、内閣から任命されることもあります。

2021年には厚生労働省主催の「雇用・女性支援プロジェクトチーム」のメンバーとして活動し、コロナ禍で影響を受けている女性雇用問題にも大きく貢献しています。

作家としても才能を発揮しており、2018年に「平成くん、さようなら」、2019年に「百の夜は跳ねて」を執筆し、それぞれ芥川賞の候補に選ばれました。

これらの作品が初めての小説であったことから、次回作への期待も非常に高まっています。

古市憲寿さんは、その鋭い視点と多岐にわたる活動で、現代日本に大きな影響を与えている人物です。これからも注目していきたいですね!

コメント