佐々木心音の経歴wikiまとめ!旦那(夫)や子供はいる?

エンタメ

今回は、佐々木心音さんについてまとめました!

佐々木心音さんは女優であり、シンガーソングライターとしても活躍しています。

2013年に映画「フィギュアなあなた」でのドール役で鮮烈な印象を残し、本格的に女優のキャリアをスタートさせてから約10年。今後のさらなる飛躍が期待される女優さんですね!

佐々木心音さんの結婚相手である旦那さんについてや、子供がいるのか、芸能界入りのきっかけについても気になりますね。

佐々木心音の経歴wiki

佐々木心音の経歴wiki

■佐々木 心音プロフィール
名前:佐々木 心音(ささき ここね)
生年月日:1990年5月22日
出身地:東京都
身長:167.5 cm
血液型:O型
職業:女優、シンガーソングライター
佐々木心音さんは、2011年にグラビアデビューしました。
ファーストDVDでは、いきなりAmazonランキング1位の売り上げを記録し、芸能界に彗星のごとく現れました
その後、グラビア界を席巻した佐々木さんは、2013年に映画『フィギュアなあなた』で銀幕デビューを果たし、フルヌードの体当たり演技が大きな話題となりました。

佐々木心音の経歴を詳しく!

佐々木心音さんは高校在学中から舞台女優として活動を開始し、初舞台は2009年2月の「dub valentain」でした。

2010年春、実母・裕子と共に親子音楽ユニット CO906.(こころ)を結成し活動を開始しました。

2011年4月、長野県飯田市認定の飯田りんご並木イメージソング「りんご並木」を歌い、「りんご並木大使」に就任。

同年5月に発売されたファーストDVDがAmazon.co.jpで売り上げ1位となり、その後のDVDもほとんどが1位を獲得しました。

2012年には、DVDメーカーのプロデューサーたちから「いま芸能界で一番エロいカラダ」と称されました。

2013年10月、親子音楽ユニット CO906.が長野県富士見高原リゾートの「観光天使」に任命されました。

2014年1月には第56回ブルーリボン賞・新人賞と第23回東京スポーツ映画大賞・新人賞にノミネートされ、2月には第87回キネマ旬報ベスト・テンで新人女優賞第5位に入賞しました。

2015年秋にはロックバンド MOMO を結成。メンバーは、佐々木心音(ボーカル)、高橋圭一(ギター)、山口寛雄(ベース)、村原康介(キーボード)、其原誠元(ドラム)でした。

2017年10月には、第30回東京国際映画祭コンペティション部門に映画「最低。」が出品され、監督の瀬々敬久、原作者の紗倉まな、共演の森口彩乃、山田愛奈と共にレッドカーペットに登場しました。

2017年秋には浦田健志&Jack Upに参加しました。

2020年6月、東京都主催の新型コロナウイルス感染症緊急対策 芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト」に参加し、「この大切な日に / CO906.」のミュージックビデオを制作しました。

2022年2月17日、セルワールドエンタテイメントから独立し、個人事務所「FilMoa」(フィルモア)を立ち上げたことを自身のTwitterで報告しました。

2024年2月1日から4日にかけて、自身でプロデュースした初の写真展「the art N」を高円寺GALLERY33-SOUTH-にて開催。2020年9月より3年間毎月出版し続けた写真集を個展化しました。

佐々木心音の旦那(夫)は誰?子供は?

佐々木心音の旦那(夫)は誰?子供は?

2024年7月7日、俳優の鹿野裕介との結婚を自身のInstagramで報告しました。祖父の命日である七夕の日を選んで婚姻届を提出したとのことです。

「大好きなじーちゃんの命日である七夕にご報告したく、この日を選びました」と述べ、俳優の鹿野裕介さんとの結婚を発表しました。

佐々木さんは、「常日頃から、揺るがない居場所がほしいと感じていた私に、大きな愛と安らぎを教えてくれ、心から笑顔にさせてくれる最高の相方です。お互い未熟者ではありますが、支え合うことでより強く生きていけると、自然と思うことが出来ました」と、鹿野さんへの深い愛情と信頼を綴りました。

また、「佐々木心音としては変わらず、家族を持ったことで、深く厚みのある人間になれるよう、今まで以上に精進して参ります。皆様の応援あってここまで来れたことを忘れずに、この先もずっとワクワクの恩返しをしていきたいと思っています。本当に本当に出会って下さって、ありがとうございます。そしてこれからも何卒宜しくお願い致します」と意気込みを述べ、ファンや関係者への感謝の気持ちを伝えました。

発表には、佐々木さんの直筆の書面と共に、胸元がざっくりと空いた純白のオフショルダーミニ丈ドレスに身を包んだ佐々木さんと鹿野さんが幸せそうに寄り添う2ショット写真も公開されました。

鹿野裕介プロフィール

■鹿野裕介プロフィール
名前:鹿野 裕介(かの ゆうすけ)
生年月日:1985年8月31日
出身:北海道
職業:俳優
鹿野裕介さんの経歴を調べてみましたが、情報が少なくまだ広く知られている方ではないようですが、舞台や映画で活躍していますね。

鹿野裕介さんの主な出演作品には「瀕死の王様」「ル・クール」「3つのお願い」などがあります。最近では「コントが始まる」や「ジャパニーズスタイル」にも出演しており、話題作にも登場しているのようです。

他にも、「爆報!THEフライデー#179 実録!芸能名前の出せない事件簿」や「ジョブチューン」といったテレビ番組にも出演しています。

鹿野裕介さんは俳優として、これから多くの作品で見かけることが増えるかもしれませんね!

まとめ

佐々木心音さんは、中学生の頃、『カッコーの巣の上で』を観た時、ジャック・ニコルソンの「かっこいいおじさん」という印象が頭に残り、それ以来憧れの存在ということです。

ジャック・ニコルソンの存在感は本当に圧倒的ですよね!やはり「シャイニング」が印象的です。不気味さが際立っていますね。

特殊メイクを使わず、化粧だけで「バットマン」の怪人役を務めるその凄さ。逆に、普通の恋愛ものだと物足りないと感じてしまいます。やはりイカれた悪役が一番似合いますね。

ジャック・ニコルソンは、楽しそうなことにすべてチャレンジしている感じがして、唯一無二の存在で、独特の雰囲気があります。

佐々木心音さんもジャック・ニコルソンのような危険な役にも挑戦してみたいとのことで、今後の活躍も楽しみな女優さんですね!

 

コメント