永野(芸人)の年収がヤバい!プロフィールwiki経歴と学歴まとめ!

永野(芸人)の年収がヤバい!プロフィールwiki経歴と学歴まとめ!エンタメ

かつて独特なラッセンなどのネタで大ブレイクしたお笑い芸人の永野さん。

一時期は干されたのか、テレビでの姿をめっきり見なくなりましたね。

永野さんはまだ知名度がなかった頃から、芸能関係者の間で「天才・永野」と評され、ブレイクが期待されていました。

そんな永野さんですが、最近にではYouTubeやABEMAで徐々に露出が増えてきている感じですね!永野さんの現在の状況や月収&年収がすごいとネット上で噂になっているようです。

今回はお笑い芸人の永野さんの経歴や学歴、年収などについて詳しく調べてみました!

永野(芸人)プロフィールwiki経歴

永野(芸人)プロフィールwiki経歴

■お笑い芸人 永野プロフィール
本名:永野 一樹(ながの かずき)
生年月日:1974年9月2日
出身地:宮崎県宮崎市
血液型:AB型
芸風:コント

永野(芸人)の経歴を詳しく!

永野さんは宮崎日大高校を卒業後、上京し専門学校日本スクールオブビジネス(現・専門学校日本鉄道&スポーツビジネスカレッジ)に進学しましたが、ほどなくして中退しお笑いの道へ進みました。

オーディションを経てホリプロに入り、1995年に芸能界デビューを果たしました。

ピン芸人としての芸名は「永野」→「永野おしり」を経て、再び現在の「永野」に戻っています。

以前はホリプロに2002年まで、フラットファイヴに2010年5月まで在籍していました。

ホリプロ退社後の一時期には、「四木ひろし」と名乗り、五木ひろしの物真似でライブに出演していたこともありました。

ホリプロからは「君の芸風はホリプロではない」という理由で契約を解除され、当時のマネージャーからは「お前のことが好きだから『クビ』とは言いたくない。頼むからお前から『この事務所を辞める』って言ってくれ」と頼まれたことがあるそうです。

移籍先にフラットファイヴを選んだのは、売れている芸人が当時いなかったからという理由で、「年下の芸人を先輩と呼ぶのもイヤだなと思った」ということが理由だったそうです。

永野(芸人)の芸風

永野さんは「孤高のカルト芸人」として知られ、「出どころは地底」と自称しています。

シュールな芸風の一人コントが持ち味で、「浜辺で九州を一人で守る人」や「前すいませんをやりすぎて、イワシになってしまった人」などのネタが特徴です。

かつては、『スパイダーマン』や『13日の金曜日』のジェイソンの物真似を、「見たことないけど」と前置きして行うという芸も披露していました。

ネタのBGMとしてテクノミュージックを用いることが多いです。

近年では「捧げる歌」のネタでの出演が多く、はじめに「本当に生意気ですが、◯◯に捧げる歌を作ってきました」と言ってポーズを取り、音楽が流れ始めると激しく腰を振るダンスをしながら、髪をかき上げたり客に手を振ったりします。

「◯◯より普通に△△が好き」「◯◯で△△をしてはいけない」などと叫び(例:「ゴッホ(ピカソ)より、普通に、ラッセンが好き」)、言い終わると音楽を止めさせ、同じことをもう一度言います。

このネタを実際にクリスチャン・ラッセンの前で演じ、ラッセン本人から感謝されたこともありますが、ラッセンやラッセンを好きな者を皮肉ったネタであり、実際にはラッセンを好きではありません。

2022年頃から、YouTubeや『チャンスの時間』、『マルコポロリ!』などでの独特な着眼点、トークスキルの高さ、本来の毒舌キャラなどが再注目・再評価されており、東野幸治さんからは「2024年は永野の年になる」、令和ロマンからは「5年後に天下を取るのは永野さん」と評価されています。

永野(芸人)の学歴

続いて、永野さんの学歴について注目してみましょう!

永野(芸人)出身小学校

永野さんは出身小学校の名前を公表していませんが、エスカレーター式の学校に通っていたことを明かしています。

宮崎県内でエスカレーター式の小学校といえば、宮崎大学教育学部附属小学校が候補に挙げられます。

永野(芸人)出身中学校

出身中学校についても具体的な名前は明らかにされていませんが、エスカレーター式の進学校である宮崎大学教育学部附属中学校が有力な候補です。

成績はあまり良くなかったとのこと。

永野(芸人)出身高校

永野さんの出身高校は、宮崎日本大学高等学校です。

この時期からすでにお笑い芸人になることを決意していたようです。

永野(芸人)高校卒業後は専門学校へ

永野さんは大学進学を選ばず、東京に上京するために専門学校である日本スクールオブビジネスに入学しました。

2020年にこの専門学校は日本鉄道&スポーツビジネスカレッジに名称を変更しています。しかし、永野さんは入学後間もなくお笑い芸人としての活動に専念するために学業を中退しました。

永野さんの学歴を通じて、彼のユニークなキャリアと早い段階でのお笑いへの情熱がうかがえますね。

永野(芸人)の年収がヤバい!

永野(芸人)の年収がヤバい!

現在の収入源はYouTube?

一時期、芸能界から干されたと話題になっていた永野さんですが、現在は音楽をメインにしたYouTubeの動画配信を中心に活動しています。

ゲストに金子ノブアキさんを迎えてロックや音楽について対談するなど、人気を集めています。

永野さんのYouTubeチャンネル「永野CHANNEL」の登録者数は10万人を超えています。

再生回数は10万~50万回程度で、動画の長さが20分~30分と長いため、その分広告収益も得られているようです。

YouTubeによる収入については、月収20万~50万円ほど稼いでおり、良い月には70万円に達することもあると言われています。

ラジオや地方営業での収益

永野さんは、YouTube以外にもラジオ番組のレギュラーとしても活躍しています。

ラジオ番組でも音楽関連の内容を担当しており、音楽好きな永野さんだからこその抜擢と言えます。

さらに、「僕はロックなんか聴いてきた 〜ゴッホより普通にニルヴァーナが好き!」という本も出版しています。

地方のPR活動や営業などにも出演しており、これらが収入の一部を占めています。

永野の年収は1000万円以上?

ABEMAの「お笑いストリートファイト」という番組での企画では、「最新のお給料200万円以上の人」というお題に対して、永野さんは倒れずに立ったままでした。

この結果から予想すると、永野さんの月収は100万円以上、200万円以下と考えられます。

年収だと1000万円越えですね!

芸人永野さんは、YouTubeやラジオ、地方営業、本の印税など多岐にわたる収入源を持ち、再ブレイクを果たしていると言えるでしょうね!

まとめ

今回は、芸能界から干されたと噂されていたお笑い芸人の永野さんについて、経歴や現在の活動と収入源について紹介しました。

最近では「まつもtoなかい」への出演で再注目を集め、YouTubeチャンネル「永野CHANNEL」や音楽関連のラジオ番組での活躍、地方営業など多岐にわたる収入源を持っているようですね!

独特なラッセンネタやトークスキルが再評価され、芸人としての実力が再び注目されています。

永野さんには今後もその唯一無二の存在感を発揮し、お笑い芸人としてのさらなる活躍を期待しています!

コメント